Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター不具合の原因は人為的ミス

トレンドマイクロは、同社ウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」で発生した不具合について詳細を発表した。人為的なチェックミスにより発生したものだという。

今回の不具合は、ウイルスバスターの検索エンジン7.5.0もしくは、7.5.1を搭載したコンピュータにウイルスパターン2.594.00をアップデートした場合に発生する。同ファイルを適用すると、コンピュータの動作が著しく遅くなり、コンピュータの通常の利用が不可能となる。

同ウイルスパターンファイルは、2005年4月23日7時33分から午前9時2分まで公開されていた。該当パターンのダウンロード数は現在のところ、約17万件程度。

同社の発表によれば、今回追加したファイル判定パターンは、数種のrbotの検出率を高めるために追加したものだったが、Ultra Protect圧縮ファイルを解凍、検索するためのパターンファイルの作成ミスがあり、検索対象ファイルが圧縮ファイルか否かの判定をするパターン中のプログラムにおいて、特定の条件下においてループが発生してしまったという。

本来予定されていたWindows XP SP2環境でのテストが人員的ミスにより行われなかったことにくわえ、検索エンジンを7.5.0以前のものを使用してテストを実施したため、圧縮チェック、解凍の動作を検査しないと言う二重の問題を発生したとしている。

同社では、問題個所を修正したパターンファイル2.596.00をトレンドマイクロホームページ上に公開。さらに24時間体制のサポート窓口の設置、FAXボックスの設置、メールによる連絡を通じて対応している。携帯電話向けウェブサイト「教えて!ウイルスバスター(http://tmqa.jp)」においても対策方法を公開している。

また、対策ツール「TMRMTool.exe」を提供している。同ツールにより、対象となるPC上にある、ウイルスパターンファイルを自動的に検索し削除できる。

トレンドマイクロ製品をご使用のお客様へウイルスパターンファイルに関する問題のご報告とお詫び
http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2005/news050424.htm

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.com/jp/

(Security NEXT - 2005/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市