Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、一般ユーザー向けにセキュリティ情報を提供するサイト開設

日本ベリサインは、一般ユーザー向けに、フィッシング詐欺対策や個人情報の守り方といった、オンラインのセキュリティ情報を提供するサイト「VeriSign Secured」を開設した。

同サイトは、個人情報の流出やフィッシング詐欺といった、インターネット上でのセキュリティに関する脅威から身を守るための、知識や情報を提供するもの。最新の情報をもとに、インターネットを活用する際の注意点を解説する。

フィッシング詐欺、IDの不正使用、なりすましなど最新のオンライン犯罪に関する手法について説明するほか、ショッピングサイトが本物のサイトであるか確かめる方法など、オンラインショッピングの際の注意点についても説明している。

(Security NEXT - 2005/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信