Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、メール誤送信によりモニター27名の個人情報を流出

総務省関東総合通信局は、メールの誤送信により、電気通信サービスモニター27名の個人情報を流出したと発表した。

同局によれば、3月28日、電気通信サービスモニター27名に「メールアドレス登録確認メール」を送信した際、誤って、27名全員の氏名およびメールアドレスが表示される状態で送信したという。

同局では、ただちに事実を説明し、謝罪するとともに、誤送信されたメールの削除と、メールアドレスの変更を要請した。今後は、個人情報のさらなる厳重な管理に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正