Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、インターネット治安情勢を更新

警察庁は、2005年2月度のインターネット治安情勢を公開した。

2月度のファイアウォールにおける検知件数は約63万5500件で、前月と比較し約30%と大幅に増加した。6129番ポートの一時的な急増が観測された同時期に、ボットネット観測システムにおいて、同ポートを使用する指令を検知しており、ボットネットを利用した攻撃の可能性があるという。

一方、12月にWindowsのWINSに関する脆弱性の公開以降増加していた42番ポートのアクセスが先月に引き続き増加傾向にある。また、4899ポートを使用するFamatechのWindows用遠隔管理ソフトウェア「Remote Administrator」を標的にしていると推測されるアクセスは、先月に比べて約30%減少した。

そのほか、8日に発表されたMSN Messengerの脆弱性を標的とする攻撃コードがインターネット上で公開されたことや、電子メールを媒介とするMydoomウイルスの亜種が発生していることなど、同庁では注意を促している。

(Security NEXT - 2005/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ