Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツクラブ元社員が逮捕 - ネット経由で架空口座へ資金振り込む

スポーツクラブを運営するルネサンスの経理を担当していた元社員の男性が子計算機使用詐欺の容疑で逮捕された。

同事件は、2000年3月から2001年5月にかけて発生したもの。パソコンからネットバンクを通じて、同社資金を架空名義の口座へ振り込んでいた。同社では事件発覚直後の2001年6月に告発していた。

すでに同社では原因を究明し、抜本的な管理体制の見直しを実施。経理、財務部門の分離と組織強化、新経理システムの導入、新決済システムの導入など内部牽制システムを整備したという。

また同社が上場する際、東京証券取引所へすでに報告されており、会計上の処理をすべて終えており、業績の影響もないとしている。

(Security NEXT - 2005/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず