Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボーダフォン、「なりすましメール」の受信拒否機能を導入

ボーダフォンは、「ボーダフォンライブ!」において、送信元のメールアドレスを偽装した「なりすましメール」の受信拒否機能を、3月30日より導入する。

同機能は、パソコンなどから送信したメールの送信元を、携帯電話やPHSのメールアドレスに偽装した「なりすましメール」の受信を拒否するもので、迷惑メール対策の一環として導入される。初期設定では「受信許可」になっているため、サイト上の設定ページから設定を変更する必要がある。

また、プロバイダーのメール転送サービスやメーリングリストがなりすましメールと誤認される可能性があるが、受信したいアドレスを予め登録しておくことができる「救済リスト」機能も提供される。なお、2月15日に発表した「URLリンク付きメール受信拒否機能」も、同時に導入される。

(Security NEXT - 2005/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS