Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボーダフォン、「なりすましメール」の受信拒否機能を導入

ボーダフォンは、「ボーダフォンライブ!」において、送信元のメールアドレスを偽装した「なりすましメール」の受信拒否機能を、3月30日より導入する。

同機能は、パソコンなどから送信したメールの送信元を、携帯電話やPHSのメールアドレスに偽装した「なりすましメール」の受信を拒否するもので、迷惑メール対策の一環として導入される。初期設定では「受信許可」になっているため、サイト上の設定ページから設定を変更する必要がある。

また、プロバイダーのメール転送サービスやメーリングリストがなりすましメールと誤認される可能性があるが、受信したいアドレスを予め登録しておくことができる「救済リスト」機能も提供される。なお、2月15日に発表した「URLリンク付きメール受信拒否機能」も、同時に導入される。

(Security NEXT - 2005/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市