Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボーダフォン、「なりすましメール」の受信拒否機能を導入

ボーダフォンは、「ボーダフォンライブ!」において、送信元のメールアドレスを偽装した「なりすましメール」の受信拒否機能を、3月30日より導入する。

同機能は、パソコンなどから送信したメールの送信元を、携帯電話やPHSのメールアドレスに偽装した「なりすましメール」の受信を拒否するもので、迷惑メール対策の一環として導入される。初期設定では「受信許可」になっているため、サイト上の設定ページから設定を変更する必要がある。

また、プロバイダーのメール転送サービスやメーリングリストがなりすましメールと誤認される可能性があるが、受信したいアドレスを予め登録しておくことができる「救済リスト」機能も提供される。なお、2月15日に発表した「URLリンク付きメール受信拒否機能」も、同時に導入される。

(Security NEXT - 2005/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
出光クレジットの通販サイト装うなりすましメールに注意
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ