Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福井県がウイルスメールの踏み台に - メルマガ購読者に送付

福井県は、同県の観光情報を提供する「ふくいドットコム」のメールマガジン購読者に対し、ウイルスを送付する事故が発生したと発表した。

同県の発表によれば、今回の事故原因は、悪意のある者、あるいはウイルス感染者からメールマガジンの配信サーバあてに特定の条件でメールが送付され、その結果購読者へ送付されたという。

同県では、メールマガジン購読者に謝罪と対処法などを記したメールを送付。今回の事故で個人情報の流出やサーバへのウイルス感染はなかったとしている。

(Security NEXT - 2005/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性