Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ホットライン」でフォントを無許諾公開 - 会社員男性が逮捕

福岡県警は、2月23日に無料通信ソフト「ホットライン」を使い、フォントプログラムを無許諾でアップロードしていた神戸市の会社員男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会の発表によれば、男性は、2004年6月、すでに検挙されている大阪市の男性と共謀して、フォントワークスジャパンが著作権を持つフォントプログラムを、「ホットライン」によって公開されるハードディスクの領域に保存してインターネット上に公開。また同様の方法で、別の男性と共謀して同社のほかのフォントプログラムを配布していた。

同協会の調査によれば、逮捕された男性が管理、運営していた「ホットライン」サーバには、販売価格に換算できるものだけでも約1億1000万円相当、3280ファイルものプログラムがアップロードされており、男性からIDとパスワードを取得すればダウンロードできるようになっていたという。

(Security NEXT - 2005/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催