Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

感染力が強い「W32.Mydoom.AX@mm」に注意

警察庁やウイルスベンダーは、感染力が強いウイルス「W32.Mydoom.AX@mm(W32/Mydoom.bb@MM)」が発生しているとして注意を促している。

同ウイルスは、感染先コンピュータのアドレス帳からメールアドレスを収集し、独自のSMTPエンジンにより、自らのコピーをメールで送りつける。

シマンテックでは、感染力を「高」、被害状況を「高」として注意を呼びかけている。トレンドマイクロは、イエローアラートとし、感染報告、ダメージ、感染力、いずれも「中」とした。マカフィーでも、危険度「中」としている。

(Security NEXT - 2005/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず