Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

感染力が強い「W32.Mydoom.AX@mm」に注意

警察庁やウイルスベンダーは、感染力が強いウイルス「W32.Mydoom.AX@mm(W32/Mydoom.bb@MM)」が発生しているとして注意を促している。

同ウイルスは、感染先コンピュータのアドレス帳からメールアドレスを収集し、独自のSMTPエンジンにより、自らのコピーをメールで送りつける。

シマンテックでは、感染力を「高」、被害状況を「高」として注意を呼びかけている。トレンドマイクロは、イエローアラートとし、感染報告、ダメージ、感染力、いずれも「中」とした。マカフィーでも、危険度「中」としている。

(Security NEXT - 2005/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大