Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不審メールにご用心」 - トレンドマイクロが1月度ウイルス感染被害レポートを公表

トレンドマイクロは、日本国内における、2005年1月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートによれば、1月のウイルス感染被害の総報告数は、3610件と先月の3815件からわずかに減少した。ランキングの1位から5位までを、悪質なウェブサイトで配布される不正プログラムが占めている。これらは、スパムメールに記載されたURLをうっかりクリックして感染被害につながるケースが多いとして、不審なメールには注意が必要だとしている。

今回新しく10位にランクインした不正プログラム「TROJ_MSLAGENT.A」は、実行されると特定のウェブサイトに接続し、ほかの不正プログラムのコンポーネントをダウンロードする。また、ユーザーのインターネット使用傾向を監視し、収集した情報をリモートユーザーに送信するという。

(Security NEXT - 2005/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス