Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HP、個人情報管理ソフトの新バージョンを発売

日本ヒューレット・パッカードは、業務アプリケーションにおける個人情報を安全に管理するソフトウェアの新バージョン「HP IceWall Identity Manager3.0」を、2005年2月16日より発売する。

同ソフトは、大規模システム環境の個人情報をウェブベースで安全且つ効率的に管理するもの。アプリケーションのユーザーアカウントとそれに付随する情報をブラウザ上で管理し、個人情報の登録、変更作業や、パスワードの生成および通知などの作業を効率化する。

今回発売される新バージョンでは、アプリケーション構造をフレームワーク化することで、ユーザーのニーズに合わせたカスタマイズが可能になった。これにより、多様なアプリケーションの個人情報が一元管理できる。希望小売価格は、5000ユーザーライセンスで252万円。

(Security NEXT - 2005/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装