Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、1月のウイルスおよび不正アクセス届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)は、2005年1月におけるコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況をまとめ、公表した。

1月におけるウイルスの届出件数は4880件で、2004年12月の4905件からほぼ同水準での推移となった。またウイルスの検出数は約334万件と、12月の約260万件から28.5%の増加となった。中でもW32/Netskyは1179件の届出があり、11カ月連続で1000件を超える届出が寄せられた。検出数においても、全体の検出数の約89%を占めている。

1月28日にあらたに出現したW32/Bagleウイルスの亜種は、メールの添付ファイルを開くことにより感染するウイルスで、「Delivery service mail」や「Registration is accepted」などの件名で送られてくる。こういった不審なメールを受信した場合は、添付ファイルを開かずにそのまま削除するよう注意を促している。

1月の不正アクセス届出件数は31件で、2004年12月の55件から44%の減少となった。しかし、被害届出件数は9件で12月の4件より増加した。被害届出の内訳は、侵入4件、メール不正中継2件、サービス妨害1件、その他2件となっている。

また、ウェブサーバに侵入され、フィッシングに悪用されたという被害事例があったとして、ウェブサイト運営者に対し、セキュリティホールの解消などの不正アクセス対策を徹底するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
複数小学校でアンケート結果や通知表などを誤配布 - 大阪市
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多