Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニー、カード番号が記載された利用票を紛失

ユニーは、アピタ刈谷店においてクレジットカード利用票50件を紛失したと発表した。氏名やクレジットカード番号など個人情報が含まれていた。

同社によれば、1階食品売り場のレジにて紛失したもの。購入額、カード名、クレジットカード番号、有効期限が記録されていた。少額のため、署名はなかったという。同社では、悪用の危険を考慮し、ホームページ上で紛失状況や今後の対策など詳細情報を公開している。

同社では警察へ被害届けを提出、関連する顧客に対しては、カード会社経由してカード番号の変更を呼びかける。また、少額決済時に顧客控えを印刷しない新型レジの導入を早急に完了させたいとしている。同社では、2004年9月にも利用票を紛失する事故が発生しており、ルールを変更していたが、今回の紛失を受け、さらに変更などを実施する。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大