Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大東ガス、顧客情報が保存されたカードを紛失

大東ガスは、業務に用いる携帯端末で利用するOSカードを紛失したと発表した。同カードには、バックアップ用として顧客の個人情報が保存されていたという。

同社によれば、作業員が業務中に携帯端末を落下、動作しなくなったため、作業を終了し、帰宅した。その後、連絡を受けた担当者が端末を確認したところ、OSカードの紛失に気がついたという。

OSカードにはバックアップ目的で、朝霞市一部地域の顧客情報が保存されていた。含まれる個人情報は、氏名や住所、電話番号など。一部マスコミの報道では2000件弱が保存されていたという。

同社では警察へ被害を届けるとともに、ホームページに謝罪文を掲載している。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収