Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータと日本ベリサイン、金融機関向け個人情報保護支援サービスを提供

NTTデータと日本ベリサインは、金融機関向け個人情報保護対応支援サービスで協業し、金融機関向け支援サービスを12月17日より提供開始する。

同サービスは、金融機関の個人情報保護台帳の作成や安全管理措置、従業者や業務委託先の監督など、基本方針や取り扱い規程、組織体制等の整備や遵守事項への対応支援を提供するコンサルティングサービスと、情報セキュリティ基盤の導入支援サービスより構成されている。

コンサルティングサービスでは、ニーズや予算により、内容の異なる3つのコースを用意した。また、効率良く対応を進められるように、金融機関の組織や業務内容等を想定した作業工程表や各種規程、個人情報台帳等を予めテンプレートを提供する。

NTTデータでは、金融機関のシステム構築のノウハウを、日本ベリサインのセキュリティに関するノウハウを活用することで、本サービスを実現した。

(Security NEXT - 2004/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も