Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータと日本ベリサイン、金融機関向け個人情報保護支援サービスを提供

NTTデータと日本ベリサインは、金融機関向け個人情報保護対応支援サービスで協業し、金融機関向け支援サービスを12月17日より提供開始する。

同サービスは、金融機関の個人情報保護台帳の作成や安全管理措置、従業者や業務委託先の監督など、基本方針や取り扱い規程、組織体制等の整備や遵守事項への対応支援を提供するコンサルティングサービスと、情報セキュリティ基盤の導入支援サービスより構成されている。

コンサルティングサービスでは、ニーズや予算により、内容の異なる3つのコースを用意した。また、効率良く対応を進められるように、金融機関の組織や業務内容等を想定した作業工程表や各種規程、個人情報台帳等を予めテンプレートを提供する。

NTTデータでは、金融機関のシステム構築のノウハウを、日本ベリサインのセキュリティに関するノウハウを活用することで、本サービスを実現した。

(Security NEXT - 2004/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化