Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIがDMを誤送信 - 最大156名の個人情報流出のおそれ

KDDIは3日、ダイレクトメールの梱包時にミスがあり、他人の内容を含んだダイレクトメールを誤って送信していたと発表した。

10月中旬から11月下旬に送信したダイレクトメールの一部に、他の顧客の住所や氏名、電話番号がわかる書類を誤って封入、送付していた。同社では、誤送付の件数は最大156件としている。

誤封入の原因は、申込書を3つ折する機械の不具合で1枚づつ折り込まれるべきところ、2枚一緒に折り込まれていたという。

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍