Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIがDMを誤送信 - 最大156名の個人情報流出のおそれ

KDDIは3日、ダイレクトメールの梱包時にミスがあり、他人の内容を含んだダイレクトメールを誤って送信していたと発表した。

10月中旬から11月下旬に送信したダイレクトメールの一部に、他の顧客の住所や氏名、電話番号がわかる書類を誤って封入、送付していた。同社では、誤送付の件数は最大156件としている。

誤封入の原因は、申込書を3つ折する機械の不具合で1枚づつ折り込まれるべきところ、2枚一緒に折り込まれていたという。

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン