Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールに電子署名を自動付加するサーバ - フィッシング詐欺防止に効果

ホライズン・デジタル・エンタープライズは、社内のメールゲートウェイ付近に設置するだけで、電子署名付きのメール送信を可能にする「HDE Signed Mail Gateway 1.0」を、2005年1月11日より発売する。

同製品は、企業が送信するすべてのメールに個別の電子署名を自動付加することで、第三者によるなりすましやフィッシング詐欺を予防するもの。SMTPリレーサーバ形式を採用、企業内ネットワークの設定を変更することなく、メールゲートウェイ付近に設置するだけで利用できる。

S/MIME認証方式を利用しているため、同ソフトから送信されたメールを受信する企業に特別なサーバやソフトウェアは必要ない。また、携帯電話やウェブメールなど、電子署名に対応していないメールアドレスには電子署名を付加しないといった柔軟な設定が可能。

価格は、1サーバあたり210万円から。

(Security NEXT - 2004/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%