Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本エフ・セキュア、複数のウイルス対策製品を組み合わせたパッケージ2種を発売

日本エフ・セキュアは、複数のウィルス対策製品を組み合せたパッケージ「F-Secureアンチウィルス バリューパック」および「F-Secureアンチウィルス 小中学校パック」を12月1日より発売する。

「F-Secureアンチウィルス バリューパック」は、コンピューター数が100以下の事業所向けのパッケージ。ファイアウォール、侵入検知、アプリケーション制御などが可能。価格は、初年度、税別で25ユーザーの場合23万円。50ユーザーで39万円。100ユーザーで57万円となっている。

「F-Secureアンチウィルス 小中学校パック」は、小中学校を対象とした使用無制限パッケージ。クライアント対策とサーバ対策を合わせたパックAと、クライアント対策のみのパックBが用意されており、どちらも教育委員会による複数校導入に対応する数量割引が設定されている。

両パッケージともに、Windowsの統合セキュリティ対策である「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティ」、および管理ツール「F-Secureポリシーマネージャ」を利用することができる。

(Security NEXT - 2004/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも