Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民生活センター、架空請求相談が多い業者リストを更新

国民生活センターは、架空請求の相談件数が多い上位30業者のリストを公開した。

国民生活センターでは、架空請求の被害を未然に防止するため、全国の消費生活センターから全国消費生活情報ネットワークシステムに登録された架空請求に関する相談のうち、上位30社を公開している。今回更新されたデータは、2004年10月1日から31日までのもので、合計相談件数は4万3065件だった。

1位は「テイコクサイケンカイシユウキコウ」で812件の相談が寄せられた。また、「ニホンサイケンセンター」「カントウカンザイジムキヨク」が700件前半で続いている。なお、同センターでは、発表したリストが実在の「事業者名」などであるかどうかを確認していない。

http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/kakuseikyu_list.html

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か