Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!JAPAN」を偽装したフィッシングメールに注意

ヤフーは、「Yahoo!JAPAN」を騙ってユーザーのID、パスワード、クレジットカード番号などを詐取しようとするフィッシングメールが報告されたとして、注意を呼びかけている。

同フィッシングメールは、「有料コンテンツご利用停止に関するお知らせ」および「Yahoo!ユーザアカウント継続手続き申請書」というタイトルで、Yahoo!JAPANユーザーへ送られている。

同メールは、ユーザーが現在利用中のサービスを停止したことを知らせて、その確認や継続手続きの名目でID、パスワード、およびクレジットカード番号などを、同社を騙った悪質なウェブページへ入力させようとする。

同社では、IDやパスワードを入力してしまった場合はその変更を、またクレジットカード番号を入力してしまった場合は、利用しているカード会社の相談窓口へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を