Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセンス、フィルタリングソリューションに「キーロガー」カテゴリを追加

ウェブセンスは、ウェブフィルタリングソリューション「Websense Enterprise」に「キーロガー」フィルタリングカテゴリを追加した。

今回、キーボードからの入力を監視して記録するソフト「キーロガー」をフィルタリングカテゴリを追加し、キー入力を記録するアプリケーションを含むサイトへの、従業員のアクセスを管理できるようになった。

すでに発売されている「Websense Enterprise v5.5」の新モジュール「リアルタイム・セキュリティ・アップデート」においても、スパイウェアなどとともにキーロガー情報の自動ダウンロードが行われる。また、Websense Client Policy Managerとの連携により、キーロギングアプリケーションの起動をブロックすることも可能。

(Security NEXT - 2004/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害