Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセンス、フィルタリングソリューションに「キーロガー」カテゴリを追加

ウェブセンスは、ウェブフィルタリングソリューション「Websense Enterprise」に「キーロガー」フィルタリングカテゴリを追加した。

今回、キーボードからの入力を監視して記録するソフト「キーロガー」をフィルタリングカテゴリを追加し、キー入力を記録するアプリケーションを含むサイトへの、従業員のアクセスを管理できるようになった。

すでに発売されている「Websense Enterprise v5.5」の新モジュール「リアルタイム・セキュリティ・アップデート」においても、スパイウェアなどとともにキーロガー情報の自動ダウンロードが行われる。また、Websense Client Policy Managerとの連携により、キーロギングアプリケーションの起動をブロックすることも可能。

(Security NEXT - 2004/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DrayTek製複数ネットワーク機器に深刻な脆弱性 - すでに悪用も
「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
複数小学校でアンケート結果や通知表などを誤配布 - 大阪市
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委