Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC操作を記録し不正操作を抑止「ESS REC Server」

エンカレッジ・テクノロジは、従業員のPC操作を24時間連続記録するソフトウェア「ESS REC Server」を、10月末日より発売する。

同ソフトは、モニター、キーボードおよびPC内部の動作情報をすべて検知し、映像で記録する情報漏洩抑止ツール「ESS REC」で取得した記録データを、24時間365日連続記録するサーバ。

画面操作のリアルタイム監視機能や、特定の操作パターンにマッチしたときに、画像の記録密度を上げる可変記録機能が搭載されている。また、過去の記録データから、特定の操作の瞬間を検索することが可能。

同社では、顧客データベースなどを管理する高セキュリティエリアにおける、情報漏洩や不正操作などの防止が目的だとしている。価格は、1ライセンスあたり367万5000円。

(Security NEXT - 2004/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Firefox 77、重要度「高」5件含む脆弱性8件を修正
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
サイボウズの複数Androidアプリに脆弱性 - 修正版がリリース
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
「情報セキュリティ対策支援サイト」を刷新 - IPA
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ