Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC操作を記録し不正操作を抑止「ESS REC Server」

エンカレッジ・テクノロジは、従業員のPC操作を24時間連続記録するソフトウェア「ESS REC Server」を、10月末日より発売する。

同ソフトは、モニター、キーボードおよびPC内部の動作情報をすべて検知し、映像で記録する情報漏洩抑止ツール「ESS REC」で取得した記録データを、24時間365日連続記録するサーバ。

画面操作のリアルタイム監視機能や、特定の操作パターンにマッチしたときに、画像の記録密度を上げる可変記録機能が搭載されている。また、過去の記録データから、特定の操作の瞬間を検索することが可能。

同社では、顧客データベースなどを管理する高セキュリティエリアにおける、情報漏洩や不正操作などの防止が目的だとしている。価格は、1ライセンスあたり367万5000円。

(Security NEXT - 2004/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例