Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベースの不正アクセス防止を目指し、オラクルとラックが協業

日本オラクルとラックは、データベースへの不正アクセスの防止を目指し、協業した。両社は、不正アクセスを行った犯人の特定を可能にする技術、「データベース・フォレンジック」を発表した。

日本オラクルでは、データベースに格納された情報への侵害に対するセキュリティ監視に特化し、ラックの所有するセキュリティ技術と併せて、「データベース・フォレンジック」を確立し、データベースへの詳細なログ、ネットワーク上のログ、サーバOS上のログを記録、分析、監視する技術を発展させる。

両社は、不正アクセス元を追跡する技術、「コンピュータ・フォレンジック」を民間レベルでの研究、利用促進、社会的な枠組みの整備を目指す。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
家電操作対応東芝製HEMSに複数脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan