Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベースの不正アクセス防止を目指し、オラクルとラックが協業

日本オラクルとラックは、データベースへの不正アクセスの防止を目指し、協業した。両社は、不正アクセスを行った犯人の特定を可能にする技術、「データベース・フォレンジック」を発表した。

日本オラクルでは、データベースに格納された情報への侵害に対するセキュリティ監視に特化し、ラックの所有するセキュリティ技術と併せて、「データベース・フォレンジック」を確立し、データベースへの詳細なログ、ネットワーク上のログ、サーバOS上のログを記録、分析、監視する技術を発展させる。

両社は、不正アクセス元を追跡する技術、「コンピュータ・フォレンジック」を民間レベルでの研究、利用促進、社会的な枠組みの整備を目指す。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト