Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版ソフト販売で、ギター講師男性を逮捕 - 静岡県警

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、静岡県警は、オークションサイトを介して音楽作成ソフトの海賊版を販売していたギター講師の男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

男性は、2004年3月13日ごろから4月3日ごろまでの間、米国のソフト会社が著作権を持つ音楽作成ソフト「SONAR3 Producer Edition」を、CD-R3枚を1組として無断複製し、「Yahoo!オークション」を介して、1組あたり4500円から5000円で5人に販売していたという。

逮捕同日に行われた被疑者宅の家宅捜索では、パソコン2台のほか、CD-Rに複製された海賊版作成のためのマザーコピーなどが押収されている。

リリース
http://www.accsjp.or.jp/news/040826.html

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2004/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も