Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pでのコンテンツ拡散を競うコンテスト - ネットアーク

ネットアークは、P2Pファイル交換ネットワーク におけるコ ンテンツ流通実態などを調査する「バイラル・チャレンジ!」コンテストを、2004年9月1日より開催すると発表した。

同コンテストは、インターネットのブログやウェブサイト、P2Pファイル交換ネットワークなどを使用して、コンテスト参加者が、同社指定ファイルを配布、流通できるかを競うもの。

同社によればコンテストの目的は、インターネット上のメディアにおいて、コンテンツ流通実態、メディアとしての伝播能力、および著作者と利用者双方にとって最適な著作権管理のあり方を調査することだという。

実施期間は9月30日まで。同社ウェブ上の専用「参加エントリーフォーム」から参加できる。参加者ごとに付与されたID付ファイルが、どれだけ多くのユニークIPアドレスから開いてもらえたかを集計、「バイラル度」が高い順に、優勝者を決定する。1名に1万円相当の音楽ギフトカードが贈られる。

(Security NEXT - 2004/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ