Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pでのコンテンツ拡散を競うコンテスト - ネットアーク

ネットアークは、P2Pファイル交換ネットワーク におけるコ ンテンツ流通実態などを調査する「バイラル・チャレンジ!」コンテストを、2004年9月1日より開催すると発表した。

同コンテストは、インターネットのブログやウェブサイト、P2Pファイル交換ネットワークなどを使用して、コンテスト参加者が、同社指定ファイルを配布、流通できるかを競うもの。

同社によればコンテストの目的は、インターネット上のメディアにおいて、コンテンツ流通実態、メディアとしての伝播能力、および著作者と利用者双方にとって最適な著作権管理のあり方を調査することだという。

実施期間は9月30日まで。同社ウェブ上の専用「参加エントリーフォーム」から参加できる。参加者ごとに付与されたID付ファイルが、どれだけ多くのユニークIPアドレスから開いてもらえたかを集計、「バイラル度」が高い順に、優勝者を決定する。1名に1万円相当の音楽ギフトカードが贈られる。

(Security NEXT - 2004/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料