Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット調査会社がウイルスの踏み台に

インテージ・インタラクティブは8月20日、同社社員がウイルス「Mydoom.S」に感染、ウイルス添付メールを、3186人に誤って送付したことを明らかにした。

同社によれば8月16日、社員2名のパソコンがウイルスに感染し、そこからYahoo!リサーチ・モニターの一部の会員2318名、およびそれ以外の社外のメールアドレス868件に対して、「photos」というタイトルのウイルスメールを送信したという。

同社では事件発生後、社長を中心とした「緊急対応チーム」を結成し、残存ウイルスの除去を行った。同時に、配信用の一時的なファイルの消去処理を行ったという。また、送信したすべてのメールアドレスに、お詫びのメールを送付した。

同社では再発防止策として、社内のパソコンではモニター会員のメールアドレスを取り扱えない仕組みを年内に導入するなど、セキュリティの強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も