Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット調査会社がウイルスの踏み台に

インテージ・インタラクティブは8月20日、同社社員がウイルス「Mydoom.S」に感染、ウイルス添付メールを、3186人に誤って送付したことを明らかにした。

同社によれば8月16日、社員2名のパソコンがウイルスに感染し、そこからYahoo!リサーチ・モニターの一部の会員2318名、およびそれ以外の社外のメールアドレス868件に対して、「photos」というタイトルのウイルスメールを送信したという。

同社では事件発生後、社長を中心とした「緊急対応チーム」を結成し、残存ウイルスの除去を行った。同時に、配信用の一時的なファイルの消去処理を行ったという。また、送信したすべてのメールアドレスに、お詫びのメールを送付した。

同社では再発防止策として、社内のパソコンではモニター会員のメールアドレスを取り扱えない仕組みを年内に導入するなど、セキュリティの強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会
ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県