Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2004年上半期のサイバー犯罪に関するデータを公開 - 警察庁

警察庁は、2004年上半期のサイバー犯罪の検挙や相談受理状況を公開した。

サイバー犯罪の検挙件数は、1063件で前年同期と比較し116件(12%)増加したという。そのうち約92%の976件がネットワーク犯罪だという。著作権違反についても約2.2倍に増加している。

相談件数は、3万3066件で1.7倍増加しており、オークションでのトラブル事例などが多いという。また、詐欺や悪質商法についても同様に1.7倍に増加しているほか、架空請求などの相談も目立つという。不正アクセスやウイルスに関する相談は大幅に増加しており、2.3倍増加した。

警察庁では対応策として、情報技術犯罪対策課を設置したほか、組織体制の整備を実施。また、ネット詐欺や架空請求に関する啓蒙活動など防止対策を実施している。

(Security NEXT - 2004/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース