Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立情報システムズ、クライアントパソコン管理サービスを開始

日立情報システムズは、企業や公共機関で使われるパソコンの管理全般をワンストップでサポートするサービス「CLASPA」を提供開始すると発表した。

同サービスでは、クライアントパソコンを導入する際の機種選定からセットアップ、資産・ライセンス管理、情報漏洩・ウイルス対策、ヘルプデスク、保守、廃棄およびリサイクルをサポートする。

パソコンの「資産管理」と「ライセンス管理」を基本サービスとして提供し、その他サービスは拡張サービスとして、メニューの中から利用者のニーズに応じてシステムを提供する。

同社では、サービスの利用により、パソコンの維持、管理コストを従来よりも30から40%低減できるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ