Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国で個人情報が盗難 - みずほコーポレート銀行

みずほコーポレート銀行は、業務委託先のシステム会社社員が盗難事件に巻き込まれ、顧客情報を紛失したと発表した。

同社員の私用鞄が盗難に遭ったもの。鞄には業務用ノートパソコンやフロッピーディスクが入っており、みずほコーポレート銀行の北京支店、大連支店における1700の口座番号、預金残高、貸出残高が含まれる。また、香港支店の顧客名簿600名分も含まれていた。

同銀では、現地警察に被害届を提出したが、鞄は各県されていないという。また21日現在、不正利用の情報は寄せられていない。同銀は顧客に対し事情説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2004/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
札幌テレビかたり、個人情報聞き出す電話に注意
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市