Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、5月のウイルス、不正アクセス届出情報を発表

情報処理推進機構(IPA)は、5月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同レポートによれば、5月のウイルス届出情報は5439件で、4月の4028件から大幅に増加した。そのうち約2000件を「W32/Netsky」が占めている。5月は、新種ワーム「W32/Sasser」も登場しており、IPAでは注意を促している。

不正アクセスは、4月の55件から96件へ、約74%増加した。そのうち被害の届け出は6件で、侵入が3件、メールアドレス詐欺が1件、その他2件となっている。

(Security NEXT - 2004/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供