Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月のコンピュータウイルス届出件数は4028件 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2004年4月のウイルスおよび不正アクセスの届出状況を公開した。

コンピュータウイルスの届出件数は4028件。3月(4012件)と同様高い水準で推移しているという。ウイルスは亜種が26種類確認されている「W32/Netsky」が1767件と突出している。

IPAでは、ゴールデンウィーク中に出現した「W32/Sasser」など、他のセキュリティホールなども含め、Windows上の悪用するウイルスの登場に対して警告しており、Windows Updateの適用を推奨している。

(Security NEXT - 2004/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例