Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネットの基幹技術に欠陥? 米政府が警告

米英政府は、インターネットで利用されているプロトコル「TCP」に欠陥があると発表、警告を発している。

発見された欠陥を利用することにより、セッションを途中で終了させてしまう「リセット攻撃」が可能となり、メーカーやアプリケーションによっては、サーバとルータ間の通信が停止し、世界的なインターネット障害が発生する可能性があるという。

従来より危険が指摘されていたが、今回、米国内の男性が不具合を発見した。米の国土安全省では、欠陥を修復するソフトウェアの導入により攻撃回避が可能としている。

http://www.uniras.gov.uk/vuls/2004/236929/index.htm

(Security NEXT - 2004/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」の最新版をリリース - 脆弱性20件に対処
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定