Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネットの基幹技術に欠陥? 米政府が警告

米英政府は、インターネットで利用されているプロトコル「TCP」に欠陥があると発表、警告を発している。

発見された欠陥を利用することにより、セッションを途中で終了させてしまう「リセット攻撃」が可能となり、メーカーやアプリケーションによっては、サーバとルータ間の通信が停止し、世界的なインターネット障害が発生する可能性があるという。

従来より危険が指摘されていたが、今回、米国内の男性が不具合を発見した。米の国土安全省では、欠陥を修復するソフトウェアの導入により攻撃回避が可能としている。

http://www.uniras.gov.uk/vuls/2004/236929/index.htm

(Security NEXT - 2004/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測