Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JEITA、無線LANセキュリティに関するガイドラインを改定

電子情報技術産業協会(JEITA)は、2003年8月に策定した無線LANのセキュリティに関するガイドラインを改定した。

同ガイドラインは、無線LANのセキュリティ設定に関し、関連機器メーカーや関連事業者が遵守すべき指針をとりまとめたもの。

JEITAがユーザーを対象に調査を実施した結果、無線LANでセキュリティを確保する際に不可欠な「WEP暗号化機能」に関して、利用者の3分の2が利用していないことが判明した。また、メーカー側はLAN機器間の接続性を重視しているため、出荷時設定においてセキュリティ機能を無効にしている場合が多いといった内容が明らかになっている。今回の改定はそれら状況を踏まえて発行されたもの。

(Security NEXT - 2004/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例