Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JEITA、無線LANセキュリティに関するガイドラインを改定

電子情報技術産業協会(JEITA)は、2003年8月に策定した無線LANのセキュリティに関するガイドラインを改定した。

同ガイドラインは、無線LANのセキュリティ設定に関し、関連機器メーカーや関連事業者が遵守すべき指針をとりまとめたもの。

JEITAがユーザーを対象に調査を実施した結果、無線LANでセキュリティを確保する際に不可欠な「WEP暗号化機能」に関して、利用者の3分の2が利用していないことが判明した。また、メーカー側はLAN機器間の接続性を重視しているため、出荷時設定においてセキュリティ機能を無効にしている場合が多いといった内容が明らかになっている。今回の改定はそれら状況を踏まえて発行されたもの。

(Security NEXT - 2004/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装