Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック

ラックは、無料で利用できるセキュリティ調査ツール「FalconNest」をウェブサイトで公開した。ログやマルウェアの調査に活用できる。

同社が保有する脅威情報を活用し、標的型攻撃の痕跡や不審ファイルの判定などに活用できる調査ツールを提供するもの。手はじめに標的型攻撃の調査サービスやマルウェア解析サービスを展開し、今後さらに機能を拡充していく予定。

侵害判定サービスでは、同社から別途提供されるプログラムで収集した「Windows」のログを、クラウドの自動分析エンジンにアップロードすることで、標的型攻撃と見られる痕跡を調べ、フォレンジック調査の必要性などを示す。

またアップロードされたファイルの挙動をサンドボックス環境で分析し、マルウェアかどうか判定するマルウェア自動分析サービスを提供。マルウェアだった場合は通信先を提示し、初動対応を支援する。またオプションとして、詳細な分析を行えるイスラエルIntezerの「Intezer Analyze」も提供する。

(Security NEXT - 2018/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス