Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入

ESETとキヤノンITソリューションズは、ESETの国内法人となるイーセットジャパンを設立し、9月1日より業務を開始した。

20180925_es_001.jpg
記者会見へ登壇した黒田氏(画面左)と足立氏(同右)

日本国内では、2003年より販売代理店であるキヤノンITソリューションズ(取扱開始当時は前身となる住友金属システムソリューションズ)がESET製品を展開。

ESETではアジア太平洋地域にESET ASIAを設置しつつも、販売代理店主導による市場展開にこだわり、日本法人を設置してこなかったが、今回方針を転換した。日本法人は2社の合弁となるが、具体的な出資比率などは明らかにされていない。

日本法人の設置を通じ、セキュリティベンダーとしてユーザーに対して直接情報提供を行ったり、フィードバックを製品開発へ活かして顧客ニーズに則した製品開発などを進め、国内シェアの拡大を目指す。2019年には、EDRや脅威インテリジェンスサービス、クラウド型サンドボックスなど、あらたなソリューションも展開していく予定。

カントリーマネージャーには黒田宏也氏が就任。10名ほどのメンバーでスタート。ESETのCEOであるRichard Marko氏は、1年後に20名ほどの規模を予測しているが、顧客のニーズによってはさらに加速する可能性もあるとしている。

キヤノンITソリューションズでは、引き続き国内総販売代理店としてESET製品を展開。記者会見に登壇した代表取締役社長である足立正親氏は、「一緒に情熱を持ってここまでこれたことを誇りに思っている」と述べ、「より深い絆のもと、より高いステージを目指していきたい」と抱負を語った。

20180925_es_002.jpg
設立発表記者会見の模様

(Security NEXT - 2018/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
データ暗号化製品を名称変更 - ESET
【追記あり】「VLCメディアプレイヤー」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
人気顔写真加工アプリの便乗攻撃 - 有料版が無料とだます手口
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加