Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC

NECは、ファイルサーバの統合管理ソフト「NIAS」の新版となる「同4.1」を、8月9日より提供開始する。

同製品は、点在する拠点に設置されたファイルサーバを一元管理できるソフトウェア。

NIASエージェントサーバが各拠点のファイルサーバ情報を収集。管理サーバに集約し、ファイル管理ルールや、アクセス権の管理、セキュリティポリシーの適用などを行える。

同社のファイル暗号化製品「InfoCage FileShell」との連携に対応。個人情報を含む機密ファイルのみ定期的に検出して、暗号化できる。また従来の「AWS」や「Azure」などとの連携にくわえ、オンラインストレージ「Box」との連携に対応した。

価格は、基本ライセンスが54万円から。リソース管理オプション、個人情報検出オプションが各54万円から。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント