Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定

ファーストサーバが提供するレンタルサーバサービス「Zenlogicホスティング」において6月19日以降、断続的に利用しづらい状況が発生している。7月9日深夜にメンテナンスを完了し、翌10日10時時点では安定稼働しているという。

20180710_fs_001.jpg
障害が発生した「Zenlogicホスティング」

同社によると、6月19日9時15分ごろより、冗長構成のストレージシステムにおいてデータ入出力が一部システムに偏り、高負荷がかかる状態が発生したもの。約3週間にわたり断続的にサービスが利用しづらい状態に陥った。

影響を受けたのは、ヤフーのIaaS型クラウド基盤を利用している「Zenlogicホスティング」。同サービスの契約数は約3万件で、そのうち一部が影響を受けたが、具体的な契約数などは明らかにされていない。

6月19日以降、ストレージシステムの増設やパラメータの変更など、対応を進めてきたが障害は解消せず、7月6日以降はすべてのサービスを停止。メンテナンス作業を進めていた。

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
申請書を外部施設に誤ってわたすミス - 横須賀市社会福祉事業団
サーバなどにサイバー攻撃、番組供給には影響なし - 日本ケーブルテレビジョン
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
Linuxに権限昇格の脆弱性「Leeloo Multipath」が判明 - パッチの適用を
空調システムに特化したセキュリティ対策GLを公開 - 経産省