Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大

久留米大学は、教員が海外の研修先であるドイツで盗難に遭い、学生の個人情報を保存したパソコンが盗まれたことを明らかにした。

同大によれば、同教員が2月27日に学生の海外研修の引率で訪れたドイツのホテルで、パソコンの盗難被害に遭ったもの。持ち出すためのパソコンが研修に出発する直前に故障したため、別のパソコンを持参したところ、個人情報の削除が不十分だったという。

問題のパソコンには、レポートの提出状況やレポート、出欠確認、海外研修の手続き書類など、学生や大学院生のべ679人分の個人情報が保存されていた。氏名や学籍番号、メールアドレスなどが含まれる。

またこれ以外に、同教員が非常勤講師を務める他大学の学生の情報も含まれる。海外研修の手続き書類や授業のメモなど一部は暗号化していたが、それら以外のデータは、暗号化していないい可能性が高いとしている。

今回の盗難は2月末に発生しており、公表まで4カ月近くを要したが、同大では公表が遅れたことについて、盗まれたパソコンにどのような情報が保存されていたかの精査に時間がかかったと説明。対象となる学生には、事情を説明し、謝罪する書面をすでに送付している。

(Security NEXT - 2018/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者