Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008年度の生体認証ソリューション市場は33.8%成長の見込み - ミック経済研究所

個人認証製品市場は、2007年から2008年にかけて2割前後の成長率で市場が拡大し、なかでも生体認証ソリューション市場は2008年に3割成長となる見込みであることがミック経済研究所の調査でわかった。

同社が、セキュリティベンダーやITベンダーなど72社対象に、個人認証製品についてシングルサインオンパッケージやワンタイムパスワードといった「IT認証製品」と、指紋認証や静脈認証など「生体認証製品」の2分野で、出荷額などから短期や中期の成長予測を取りまとめたもの。

調査によれば、2分野合わせた個人認証セキュリティ市場の市場規模は、2007年度に対前年比118.3%で市場規模は600億円を越え、さらに2008年度は730億円弱になると予測。

なかでも市場を牽引するのは、生体認証製品で、2007年度の成長率は25%となり175億7800万円市場まで成長。2008年度には33.8%と高い成長率を維持し、235億2000万円市場となる見込み。2012年度の市場規模は441億4000万円と予測されている。

生体認証製品の中心となるソリューションは入退室管理製品とPCログイン製品で、それぞれ42%、36%と合わせて市場の約4分の3を形成。入退室製品は、対前年度比134.1%の73億円強、2008年度も対前年度比134.0%の98億円強に達すると見られている。

貸し借りが可能なICカードに生体認証を組み合わせた入退室管理装置を導入する企業が増加。また勤怠管理との連携についても需要が増加しているという。

(Security NEXT - 2008/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む