Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府

大阪府は、生徒の個人情報が記載された資料の紛失が、府内の複数高校において判明したことを公表した。

同府によれば、3月23日に大阪府教育センター付属高校において、高校生活支援カードの紛失が判明。紛失したのは2年生1クラス35人分で、生徒と保護者の氏名、出身中学校、配慮に対する希望の有無や内容などが記載されていた。

また4月2日には、府立福井高校で個人情報確認用紙の紛失が発生。入学者選抜志願書に記載された新入生の個人情報に変更がないか確認するための用紙で、1年生40人の氏名と保護者氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれる。

いずれも校内を捜索したが発見されていない。両校では対象となる生徒に説明と謝罪を行い、保護者へ書面を配布。また保護者説明会を開催して、あらためて説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2018/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市