Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSOソリューションのラインナップを強化 - NTTソフトウェア

NTTソフトウェアは、SaaSやASPなど外部業務サービスと企業内部における認証を一元管理できる認証ソリューション「TrustBind/Federation Manager」のラインナップを強化し、10月1日より提供を開始する。

同製品は、SAML 2.0をサポートし、企業内のシステムや外部サービスとのシングルサインオンを実現する認証ソリューション。今回、標準的な機能に絞り、ライセンス価格を抑え、導入に必要とする期間が短い「Simple SP Edition」を用意。また携帯電話アプリケーションの認証が実現する「携帯ゲートウェイ機能」をラインナップに加えた。

さらに開発言語にPHPを追加。Javaに加え複数の開発環境に対応することで外部との相互認証へより柔軟に対応できるようになった。

(Security NEXT - 2008/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS