Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開

日本オラクルは、マルチクラウド環境向けのサービスを拡充し、従来のサービスとあわせて「Oracle Identity Security Operations Center(Oracle Identity SOC)」として展開すると発表した。

20180206_or_002.jpg
Oracle Identity SOCのサービス群(画像:日本オラクル)

2017年より展開しているCASBサービス「Oracle CASB Cloud Service」や、IDaaSサービス「Oracle Identity Cloud Service」、「Oracle Management Cloud」などのサービス群に新製品を追加、あらたなサービスブランドとして展開するもの。

今回、サービスラインナップに同社の「CASB」や「IDaaS」などのデータをもとにデータを収集、分析して異常な振る舞いを検知する「Oracle Security Monitoring and Analytics Cloud Service」を追加。

さらにプロセスの自動化を図る「Oracle Orchestration Cloud Service」やコンプライアンスの遵守を支援する「Oracle Configuration and Compliance Cloud Service」などを加えた。

(Security NEXT - 2018/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

APIゲートウェイ向けにOSSのセキュリティプラグインを公開
RSA、国内にデータセンター設置 - ID関連サービスの市場展開を強化
「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア
MS、上位サブスク契約者向けだった詳細ログデータを開放
米政府、「AzureAD」や「MS365」環境向けのインシデント調査ツールを公開
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード