Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド2018年2月1日版」を公開した。

同資料は、Android向けアプリケーションのセキュア設計や開発に関するノウハウを収録したガイド。2012年6月より公開しており、今回改訂版をリリースした。

脆弱性を作り込まないようにするためのポイントや、Androidに実装されているセキュリティ機能などを解説しているほか、サンプルコードなども用意している。

今回の改訂では、「Android 8.0」の変更点を中心に改訂を実施。「TLS/SSL通信」挙動や仕様の変更に関して記述を追加したほか、「Autofillフレームワーク」の解説なども追加されている。

同ガイドは、同協会のウェブサイトよりPDFファイルとしてダウンロードすることが可能。またウェブサービス形式による提供も近日中に開始する予定。

(Security NEXT - 2018/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
「WordPress 5.8.1」が公開に - 3件のセキュリティ修正
学生向けCTF「NetWars 2021」、11月に開催 - NRIセキュア
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
「Azure Cosmos DB」に深刻な脆弱性 - 利用者はリスク軽減を
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
脆弱性管理クラウド「yamory」、OSやミドルウェアに対応
「OpenSSL 1.1.1l」が公開 - 2件の脆弱性を修正