Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開

10月にウェブサイトの改ざん被害が発生したアイカ工業は、約1カ月ぶりにウェブサイトを再開した。被害が発生した経緯などを明らかにしている。

20171120_ai_001.jpg
ウェブサイトを再開したアイカ工業

ランサムウェア「Bad Rabbit」の感染活動において、同社サイトが改ざんされ、マルウェア配布サイトへ誘導するためのいわゆる「踏み台」として悪用されたことが10月25日に判明したもの。

ESETが指摘した踏み台サイト22件に、同社サイトが含まれていたことから、同社ではウェブサイトを停止するとともに、調査を進めていた。

誘導先のサイトでは、「Bad Rabbit」に感染させるための「ドロッパー」が配布されていたことが、セキュリティベンダーの調査により判明している。

(Security NEXT - 2017/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪