Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後

10月24日にあらたなランサムウェア「Bad Rabbit」の拡散が観測された問題で、米Symantecでは、日本国内においても同マルウェアを観測したことを明らかにした。

同マルウェアの拡散について、同社では協定世界時10月24日10時前後より観測。ピークを迎えたのはそれから約2時間後で1時間あたり400件以上を検知した。

観測された国を見ると「ロシア」が86%と大半を占める状況だが、3%と少ないものの次いで多く観測されたのが「日本」だったという。以降、「ブルガリア(2%)」「ウクライナ(1%)」「米国(1%)」と続く。

「Bad Rabbit」に関しては、ESETやFireEyeなども国内においてドロッパーを確認したことを明らかにしている。

20171026_sy_001.jpg
検知数の推移(グラフ:Symantec)

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信