Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも

電話で金融機関の職員を名乗ってワンタイムパスワードなどを聞き出し、金銭を不正送金する詐欺が発生している。

同詐欺は、事前に預金者へオンラインバンキングに契約させてアカウント情報を詐取。さらにワンタイムパスワードを電話で聞き出して不正送金を行う手口。

注意喚起を行ったりそな銀行によれば、詐欺の電話では金融機関のシステム管理部門やカスタマーセンター、ネット送金不正対策部の関係者を偽装していた。

同行が把握しているケースでは、電話で実在しない「コダマ」なる職員を装い、「海外から不正ログインあった」など、オンラインバンキングが不正アクセスを受けていると不安を煽る。

(Security NEXT - 2017/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に