Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス

セキュアブレインは、ITインフラやウェブアプリケーションを対象に脆弱性を検査する「セキュリティ診断サービス」を提供開始する。

同サービスは、脆弱性を洗い出して対策方法を提示するもので、サーバやネットワーク機器のOSやミドルウェアを対象とした「ITインフラ診断」と、ウェブアプリケーションを対象とした「Webアプリ診断」の2種類を提供する。

ITインフラ診断は、設定不備やパッチ適用不備などによる脆弱性を検査し、対策情報を提示。リモート診断とオンサイト診断のいずれか、または両方が選択できる。おもな診断項目はポートスキャン調査、バナー調査、脆弱性スキャナによる脆弱性調査、アカウント調査、専門家による手動調査など。

ウェブアプリ診断では、テキストボックスやラジオボタン、Hiddenパラメータなどの入力パラメータ値を不正値に書き換えてリクエストを送付する擬似攻撃を実行し、そのレスポンスから脆弱性の有無を判断する。

「SQLインジェクション」や「クロスサイトスクリプティング」「クロスサイトリクエストフォージェリ」「OSコマンドインジェクション」などの脆弱性に対応するほか、同社のウェブ改ざん検知サービスによる改ざん検査も行う。

(Security NEXT - 2017/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ