Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Interop Tokyo 2017」が開催中 - セキュリティ関連ブースをチェック

ネットワークテクノロジーをテーマとした総合イベント「Interop Tokyo 2017」が、6月9日まで幕張メッセで開催されている。

同イベントは、ネットワークの「相互接続性(Interoperability)」を実際に検証することをコンセプトとし、1994年にスタート。400人以上のエンジニアが協力し、構築した「ShowNet」を体験できるほか、「Security World」といったテーマ展示やセキュリティベンダーのブースも多数出展されている。

以下、主要ブースをお届けする。これらブース以外にも多数セキュリティ製品が出展されている。実際にブースを訪れ、気になる製品をチェックしてみてほしい。

20170608_in_007.jpg
複数企業が出展している特別注力企画「Security World」
20170608_in_002.jpg
人だかりが絶えない情報通信研究機構(NICT)のブース(6G17)

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス