Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス

日立システムズは、IoT機器を対象としたサイバー攻撃を組込ソフトで検知し、管理者へ通知するサービスを提供する。

20170330_hs_001.jpg
サービスイメージ(画像:日立システムズ)

同サービスは、遠隔操作や乗っ取りなど、インターネットに接続されたLinuxベースのIoT機器に対するサイバー攻撃を検知するソリューション。IoT機器向けの組込ソフトと、同ソフトが検知した攻撃を遠隔監視するサービスで構成される。

IoT機器メーカーでは、製造段階で機器にソフトを組み込み、同ソフトが検知したサイバー攻撃を同社のセキュリティオペレーションセンターが検知。機器の管理者へ通知する。

組み込みソフトは、6月よりIoT機器メーカー向けに提供開始する予定。同社では、2019年までにIoT機器10万台への導入を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2017/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア