Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化

2月はマルウェアのあらたな亜種が急増し、前月の約3倍にあたる9410万件が観測された。一方、ウェブ経由の攻撃は減少している。

20170316_sy_001.jpg
新種マルウェアの推移

米Symantecが2月の観測状況を取りまとめたもの。あらたに観測されたマルウェアの亜種は前月の3290万件から、約3倍となる9410万件に急増した。

2016年10月の9610万件に次ぐ規模となった。背景には、「Kovter」の活発な動きがあるという。

モバイル端末を狙うマルウェアのあらたなファミリーは確認されていないが、60件の亜種が観測された。なかでも端末をロックするランサムウェア「Android.Lockdroid.E」は、音声認識のAPIを利用し、解除コードを音声で入力するよう求める亜種や、QRコードを表示してスキャンするよう求める亜種などが確認されている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
企業の24.2%「1年以内にサイバー攻撃を受けた」 - TDB調査
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題